サルベージ 本場イタリアの食材を使った本格イタリア料理から、イタリアマンマの田舎風郷土料理まで、落ち着いた雰囲気の店内でゆったりとお楽しみ下さい。

SALVAGE

RESTAURANT&BAR

当店からのお知らせ

当店からのお知らせ

農繁期突入 #1稲作

今年で7年目稲作開始!!

サルベージではお米も苗から私が育てます。

今年は農園スタッフの関口君に伝授(笑

 

お米を作るには沢山の仕事を確実にこなさなければなりません。

まずは種蒔き前の準備

【塩水選別】

【温水消毒】

【種籾浸水】

【育苗土作り】

 

以上4つからです。

 

まず【塩水選別】とは昔ながらの手法で12/1割合の塩水に種籾を入れて良質の重い種と軽い種を分ける作業です。

IMG_5349

今までは生卵を使って塩水の比重を計っていました(生卵が浮く位の塩分濃度)今年は黒澤さんの醤油作りに参加した際に勉強した濃度計(ボーメ計)を導入、生卵は個体差があるので文明の力を使用(笑

11ボーメで設定。

IMG_5350

 

そして、【温水消毒】

60度のお湯に10分間入れて雑菌や病原菌を熱で殺菌する作業です、いもち病などの対策です。

IMG_5354

そして【種籾浸水】

発芽を揃えるために冷水に浸してあげます。積算温度が105度で鳩胸のように膨らみ


発芽寸前の状態になります。田植から種蒔きを逆算して浸水します。

【育苗土作り】

育苗土とは苗の土です。山土の表面から30センチほど土をどかした深土使用します。

土はふるいにかけて一度焼きます。そうすると、虫の卵や雑菌を焼き切ることができます。さらに2割の籾殻クンタンを入れて完成。

稲作は田植え前から沢山仕事がありますね。

リゾットやパエリアも美味しいですが、ぼぼぼ僕はおにぎりが好きなんだなぁ。

ランチタイム週末も営業再開!!

お待たせしました!!

厨房スタッフも入店して、ランチタイムも通常営業に戻ります!!

土日のランチタイムのスタッフさん募集中です!!

ランチコースは野菜のボリュームアップしました。今までなかった単品オーダーも可能になりました。

よろしくお願いします。IMG_5291

奥田シェフ勉強会inサルベージ秩父

【奥田シェフ勉強会inちちぶ】

IMG_5234

世界には尊敬すべき多くの料理人が活躍しております。奥田シェフは国内だけではなく世界で活躍するスペシャルシェフであることはあまりにも有名です。
山形県鶴岡市のアルケッチャーノは庄内地域食材でイタリア料理を提供するお店。

今や世界中から「食の都庄内」の味を楽しみに人々が集まるほどの地域となりました。
地方食材の魅力や食文化をもって、地域興しを成功させた立役者の奥田シェフは私の一番憧れているシェフです。

今回は2日間、秩父に奥田シェフをお招きし、秩父地域の食材を召し上がって頂きました。
今回勉強会では、秩父の自然環境、郷土の食文化など様々な角度から食材を見て頂きました。

結果としては大成功!!そして、ちちぶ食材は世界には通用する素晴らしい魅力がある事を再確認できました。
今後はちちぶ食材使い山形県庄内ように地方再生、観光資源となるように料理人として生きて行きたいと思います。

一皿目
自家農園ソンミンファームの春の野菜
塩、オルチョオリーブオイル
秩父アカシアの蜂蜜
新井 木工さんのアカシアの木の板で

IMG_5174

二皿目
秩父マス(ドナルドソン)のタルタルと
瞬間炙り
燻製下仁田ネギ
山柚子塩
黒澤さんの珠洲焼風の器で

 

 

三皿目
秩父岩魚のカルパッチョ
岩茸のマリネ
生姜と自家製荏胡麻のオイル
関根さんの藍染木皿で

IMG_5177

四皿目
武州豚プロシュートコッタ
小林さんの特別栽培岩崎さんのトマトのセミドライ
埼玉県さん乳と風布自然栽培レモンのリコッタチーズ
農園のルーコラ
濱口さんの吹きガラス皿で

IMG_5181

五皿目
武州豚のロースハム桜とイチローズモルトの樽材で燻製
蜜蜂を媒介にした林檎果汁の秘蜜かけ
オーガニックマスタード
ロマネスコのバーニャカウダ蔵仕込みアンチョビ
プラチナたまごのマヨ

 
六皿目
プラチナたまごのカルボナーラ
農林61号とプラチナたまごのタリアン(フェットチーネ
岩茸のロースト
黒澤さんの珠洲焼風のお皿で

七皿目
タマシャモの超低温ロースト
ネギの根のフリット
山柚子胡椒
蕗のゼッポリ
宗之くんの山栗皿で

IMG_5187

八皿目
搾りたて生醤油でマリネした秩父鹿のゼンゼロ、ローストにラルドを纏い
秩父舞茸
野蒜(ノビル)
山胡桃
黒澤さんの深い森の静けさを感じる器で

九皿目
岩魚の燻製イチローズモルト樽材でスモーク
ヤマブ麹とのたくあんの燻製
タレッジオチーズ
武甲山から掘り出した木石に乗せて

IMG_5189奥田シェフ勉強会inサルベージ 秩父

十皿目
武州和牛のシンタマのロースト
小松沢農園の椎茸フリット
プラチナたまごの味噌卵黄
パクチー
ヨモギ
一隅舎の平沼先生の器で

十一皿目
ティラミス
畑の農林61号よプラチナたまごのジェノワーズとプラチナたまごの卵黄マスカルポーネクリーム、イチローズモルトの香り

柿の柚子巻き

小松沢農園の苺

丸山先生の白磁で

こちらは完全予約制の限定メニューです。

臨時休業のお知らせ

lunch

4月2日(日曜日)

春の農作業のためサルベージ休業

 

4月6日(木曜日)ランチ、ディナー共に貸し切り。

4月7日(金曜日)農相視察のためランチのみ休業。

4月1日から新人も入社いたしましたのでよりスムーズにお料理が提供できるように心がけいたします。

4月中旬からは週末もランチ営業再開の目処です、よろしくお願いいたします。

1 ~ 4件 / 全4件

ご予約・お問合せはTEL.0494-22-6227

☎0494-22-6227

店舗情報・アクセス

ページTOPへ